温泉旅行をより楽しむための知識をご紹介!

温泉はマナーを守って入りましょう

温泉に行くと子供は湯船で泳ぎまわりたいと考える事が多いのですが、温泉は他のお客さんも入っているため、泳ぎまわるのはご法度ですよね。 誰もいない時ならまだしも、他のお客さんがいる時に泳ぐのはマナー違反です。 大人は泳ぎまわると言う人はいませんが、温泉に入る時には幾つかのマナーを守る事が大切です。 例えば、温泉に入る時には最初に手足にお湯をかけてから身体を洗って入ると言うのがマナーです。 中にはいきなり湯船に入る人もいますが、いきなり湯船に入ってはいけないのには2つの理由があります。 一つは身体が汚れている状態で入れば他の人から嫌な目で見られますよね。もう一つは温泉に身体を慣れさせると言う大切な目的がマナーには買隠れているのです。

湯あたりにならないためにも

温泉に入り過ぎると湯あたりする事がありますよね。 湯あたりすると気分不快や不眠になる事もありますし、消化器症状等など折角の旅行が台無しです。 温泉の温度にもよりますが、1回当たりの入浴時間は3分から10分とし、身体が慣れて来た時は15分から20分までが良いと言います。 そのため、温泉宿に到着して温泉に入ると言う時には長くても10分を目途にしておいて、食事の前には20分程度を目途にし、寝る前にもう一度と言う形が理想の温泉の入り方と言えましょう。 また、温泉に入る時にはコップ一杯の水を飲んでおくと脱水症状が起こり難くなるので湯あたりをしないで温泉に入る事が出来るなど、ちょっとした工夫を行う事で温泉を楽しめますよ。