海外ではメガネとコンタクトのどちらがいいか?

メガネよりコンタクト

視力が悪い人は、メガネやコンタクトを利用して視力矯正をして生活します。メガネは視野などが限られますが、あまり体調に関係なく使えます。コンタクトは視野も広く、他人からも視力が悪いように見られません。人によってどちらを使うかはバラバラです。国内旅行であれば、どちらを使ってもそれほど差はありません。ただ、海外旅行の場合は、メガネはあまりかけない方が良いとされています。地域によって異なりますが、盗難などに遭いやすくなります。視力が悪いのは視力がある人よりもハンデがある状態です。メガネを壊されたり、取られれば、簡単に襲えるからでしょう。コンタクトの場合、視力が弱いかどうかがわかりません。ですから、視力では狙われないでしょう。

メガネとコンタクトを両方持つ

視力が悪い人は、子供のころはメガネ、大人になってからコンタクトにする人が多いです。メガネを普段からかけている人はコンタクトはしないかもしれません。コンタクトの人は、体調によってメガネをかけるケースもあるでしょう。海外旅行に行くとき、できれば両方もっておくほうが良いでしょう。コンタクトの人はメガネを予備で持っているでしょうから、旅行時も持って行きましょう。現地で体調が悪くなってつけられないときはメガネが利用できます。普段メガネが中心の人は、コンタクトに挑戦しておきましょう。万が一メガネが壊れた時などに使えるかもしれません。どちらも慣れが必要なので、旅行前にどちらでも生活できるようにしておくと困りません。